ああ大阪の夜はふけて…2012年10月02日 14:27

シャンソンのソロ・ライヴを聴きに大阪へ行って参りました、もちろんいつものヘソクリで(笑)。
市原さんという友人が伊丹に住んでいて、大阪を中心に関西方面のシャンソニエ(シャンソン酒場)で各ステージ出演しておられるのですが、
今回格式のある「ベコー」という店でついにソロライヴ!!
すわこそ参阪!
ヘソクリ+自分の貯金+なんとドッコイ氏がJRのクーポン券くれて、
「遊んでおいでよ」
と言ってくれたので(!なんてイイ夫なんだ!!)「家サイフ」渡して
「ご自由に!」
この阿吽(あ・うん)の呼吸習得するには歳月がかかりましたが、新横浜まで車で送ってもらい、レッツラ・ゴー!
定宿・堂山東急インは1階半分が「キンコーズ(ビジネスマン専用有料スペース)」でスーツ姿の男女入り交じってウィーウィー・ガーガーと、せっせと作業しているわ。
すいませんねえ、私、歌を聴きに来たんですよ、宵闇せまったし、ホテルのフロントで地図のコピーもらって、ご自由にお使い下さいのビニ傘借りて、歩き出す。
いきなり道に迷う私。迷う、迷う、迷う私。
もう、ステージの幕は上がる時間、焦る、焦る、焦る私。
小さな靴屋さんでおじさんが靴修理してたので、仕事中に悪いな、と思いつつ「あのう…」な私。
わざわざ表に出てまで、道教えてくれました、おじさんアリガトウ。

で大遅刻で店に着いたわけだ。歌っている最中は中には入れないから、「1ステージあきらめるか…」と覚悟してドアに…
開いてました。
満員御礼、通勤ラッシュ並の混雑っぷり。
幸いなんとか私も隅っこの折りたたみ椅子に座れて、さあ始まりだ!
ものすごい迫力で聴くお客さん。
ものすごい気迫で歌う市原さん。オール・ピアフしばり~!

「歌姫誕生」の場に居合わせて本当に幸せだと思ったのですよ。

ピアフ(いいDVDが出てます「エディト・ピアフ・愛の賛歌」)の歌の世界に市原さんが入り込んでいって、歌いながら。
奥からもう一度、市原さんがクワァッと自分の世界へ包み込んで還るのですよ。

「素晴らしい表現者」に心が握られて、ゆさぶられましたね。

帰りはもう、あきらめてタクシーで宿へ。
「キンコーズ」ではまだダークスーツの男女がコピーとったりパソコン操ったり。
お疲れさまです、すいませんね、私、遊び人なんですよ。

で、最初にベコーに行ったとき、支払いが全部5百円玉で(笑)
「おつり銭に助かりますー。」
と、スタッフの方に言われたので、
隅田川七福神の長命寺の浄財袋の底から、江戸・金本位で大阪・銀本位なので担いできたぶん両替しました。(走る両替商人と呼んで、もう・笑)
大阪1

心が満腹になるとおなかが空かないので、チャージのつまみをポケットに入れて帰って、ホテルのお茶で晩ごはん。
大阪2


下に敷いているのは伝説のNHK朝の連ドラ「ちりとてちん」手拭い。
で、心の荒熱を冷ますために田辺聖子さんの「姥ざかりシリーズ」。(前回持っていったのは「おせいどんアドベンチャー」)
あぁ、気がついたら市原さんも田辺センセも伊丹の人だわ。

もう西の方に脚向けて寝られませんな、わたくしは(笑)

で、翌朝「のぞみ17号」で「台風17号」ぶっちぎりで帰還し、ドッコイ氏のパンツを洗濯しましたのよ。
ただいま室内干し中です。明日には乾くじゃろうて。