一万円のフタまたたび2012年08月12日 00:02

「一万円のフタ」、これには後日談がありまして。

「引っ越しても、いつ、なんどきまたお世話になるか分らないなぁー」
と、一応新住所を連絡したら、きのう品のいいデザインの、薄いパンフレットが届きました(試供品付き)。新製品の紹介と、「シミとはなんぞや」の説明コラム、エッセイ(なかなかおもしろい)、健康相談と、簡単グルメレシピでさらっとまとまっていて、ここんとこが、だいたいのメーカーがハズすのですよ(商魂たくましすぎるか、編集にケチってデザインずっこけるか)。
「またいつかお世話になりたいわ」と思わせてしまうあたり、さすが老舗。

「充分満足したぜぃ、またな、エクイタンス!」なのでございました(笑)。

「諫早湾干拓」のよーにどっしりできちゃった大陸(笑)だったので、もちょっと早く「諸島」のうちに手を打っとくべきだったかなあーと、あとで、思いましたわ。

コメント

_ 苦労冠者 ― 2012年08月14日 11:51

タイトルの「一万円のフタまたたび」の「またたび」は
わざとですか?

_ 波浪冠者・抜 ― 2012年08月14日 22:58

「ふたたび」の次は「またたび」でござる。
「あつはなついでんなぁ。」というのが松竹新喜劇のお約束のように(笑)!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック