ミレイユ・マチューはやっぱり良い2020年03月09日 20:38

 関西在住のシャンソン歌手・市川民子さんにに
「少女時代聴きまくったミレイユのレコード、処分するのもなんなんで、よろしかったら貰ってやってくれませんか?」
と問い合わせしたのは、いったいいつだったか。

 あるのは「実家」である。父の遺したレコード棚の片隅に居候している…ハズ~?、てなもんである。それでも多分、まだ、ある、はず!と掘ってみたら出てきた。その数8枚。

 でもって私は左手「杖」なんで持てなくて、夫ドッコイ氏に車で運んでもらい、家で一筆したため、
「でもライヴ盤の2枚は私にとって思い出のアルバムなので、できればコピーお願いできませんか?技術とか法律とかいろいろあるから、無理だったらいいです。」
と添えてドッコイ氏に宅急便配送受付まで持っていってもらった。
その頃私は自宅で寝たきりで、利き腕が動かないから全部「口述筆記(檀ふみさんのお父さんの晩年のようだ)アドレス帳引っ張り出して「この住所メモして」と、ドッコイ氏をあごで使った。まったく持つべきものは実直な伴侶である。彼は「めんどくさい」とか「今疲れてるから今度、ね」とか、その美しい口が裂けても言わぬ。
(そうよ、私面食いなの・笑。「美男で聡明で誠実」な伴侶を見つけ出すまで、ずいぶんと待ったわ~)

 で、市原さんから連絡があって
「ありがとうございました、これは『お宝』です。コピーは技術的にちょっと難しいんですけど、ツテを頼ってやってみますのでしばらくお待ちください」
とのことであった。
 
 それから送られてきた手紙
「コロナウィルス騒動であちこちのシャンソ二エ(シャンソン酒場)が休業になって、自宅でやっている音楽教室も休業。こうなゃりゃこっちも腹をくくって、シャンソンの勉強に励みます。もうちょっとお待ちください」
私が電話して
「待ちます、頑張ってください!」
「はい!」

 で、先日届いたのが〒のレターパック満杯。
中身は「レコードジャケットの帯付きカラーコピーA4、解説・フランス語詩、日本語訳「総コピー添」のCD、しかも1枚ずつシステムバインダー入り!。
あとはバインダー本体さえ買ってくればもう棚の一角に「ミレイユマチュー・マイ・コレクション」が出来上がるところまでのお気遣い。
ああ、レコードの文化とはこんなに懐深く、教養に溢れるものだったのか。
熱心なシャンソン歌手の市原さんが「お宝」というのも、なるほど誇張ではないな、と。

 しかも
「あ、『ツテ』は私のフィアンセですので、お心遣いなきよう」
ですって!
まー、歌うことに真摯で、勉強熱心で、村上春樹の「小確幸」と酒蔵訪問を楽しみに生きている貴女のこと、お幸せに、新居に引っ越すならアドレスお教えください、またお手紙書きたいので…とお返事。

 そのついでに思い出したこと、文明と文化の今の度合いなども書いたわけだが。


 CDが、今危機にある。フランス盤で手に入るミレイユマチューはジャケットがペロンと1枚とCDディスクのみ。
「フランス語が分からない人はいいです」
という、文化の中華国家フランスにしてはずいぶんお寒い、「お年寄りのための懐かしのメロディー、日本で言えば、高速のサービスエリアで1枚2千円で売っているから、道中のお供にどうぞ」扱いなんである。
これは「間違っている」と思う。

 音楽は「感性」で始まるもの、これは正しい。しかしその裏には作詞作曲歌手自身の歴史と知的探求がある。それを学ぶことは「知性の持続と向上、人生の本質の向上」である。(こういうとき私「スキルアップ」なんてお安いカタカナで箔付けられない、日本語しか分からないへそ曲がりである)

 女子校時代、遠距離通学と宿題の多さに悲鳴をあげながら、それでも私はミレイユマチューを自分で訳した。そして「翻訳家の日本語訳」と読み比べて
「おまえの義務」は「だって伜や、おまえ兵役だってまだだろう?」とか
「この娘はおまえの為ではない」は「この貧乏人の小娘はウチの敷居をまたぐにふさわしくない!」とか、
プロの「技」を発見していった。
今は「ボンジュール」と「メルシー」しか言葉が残っていないフランス語(10年やってもこの有様よ)だが、学んだことに損はなかったと胸を張って言える。

 次のノーベル平和賞第一候補「グレタさん」の目はジャンヌダルクの大天使に導かれた瞳ではない。どこか静かに、冷静に自分自身を高いところから観察している。
スースーする小さなカマボコ板で老いも若きも「情報交換」する時代。

 それでも「じっくり学びたい」という人は、いる。
自分の目で、耳で、指で「感じたい」、視覚刺激だけの情報合戦に突き動かされない人種は、確かにいるのである。

 歌舞伎と同日に休止を決めた「宝塚」が、客席全員マスク着用で再開するという。日本独特の女性文化だが、その歴史は出雲の阿国から続く。
劇場よ、美術館よ、図書館よ。視覚と聴覚の「お祭り騒ぎ」であるライヴハウスはまだ無理としても。そろそろ再開してはいかが?


2020/03/09 22:46

コロナの嵐の真っ最中に

これをもって「華やっ子・復帰最初の文章」とする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック