義母の老人ホーム2015年07月21日 07:07

義母の暮らす老人ホームは駅から徒歩5分の所にある。しかし、それだけだ。箱物としては小さく、3階建て、庭無し、低い廊下に各室の扉が並び、ちょっと刑務所のような印象を受ける。
義母は毎日個室でテレビに向かい、この1年半でずいぶん小さくなった。
声もひっそり、ひそひそ声で話す。
洗濯は福祉を使い「洗剤は切らさないよう補充して下さい」、「病院へは親族が連れて行って下さい」「何か起きてからでは遅いのでそちらの責任でやって下さい」、と万事事なかれ主義である。
2ヶ月に一度の高地の病院通いに、仕事やすみをとり、それでも間に合わないときは85歳になる私の母が東京から電車に乗って長野に行ってつきそっていた。
2科、採血して、血圧と脈を測って、胸を開いて、いつもの薬をもらう、だけにである。
1日かかる。

特別養護老人ホームの300人待ちの順番が来て、少し駅から離れたところへ行って来た。

内装は木造平面建て、天井が高く採光窓があり、開放感ある定員80人施設の、広さはひ一人あたり6畳から8畳になる。
10人ごとに生活ブースがあり、そこで毎食ご飯を炊き、みそ汁を温め、食事を摂る。
高い天井、坪庭、一日一度の体操タイムの広いスペース。
クラブ活動で書道や読書、手芸(義母は書道で雅号を持っている)。
医師は契約しており週3日訪問し、看護師が5人いる。
もう真冬に車椅子で寒い思いをして(本州一寒い)1日がかりで通院しなくて良い。
春はお花見、秋は紅葉狩り夏祭り。にぎり寿司の日もあるという給食システム。
それらが、約1万円の差額で手に入る。

ずいぶん中味に差があるモノだが、行ってみないとわからないものだ。
私は子がいない。親戚も、私の代には絶える。
足腰が利かなくなったら、自分の老後のためにここまで動けるかなと思う。

とろけそう2015年07月21日 13:54

今日はうっかり薬を切らしてしまい、午前中医者。
日が高くなるにつれて、あごの出る暑さ。
帰って来てシャワー浴びて、生き返ったー。
熱に焼けた皮膚がシャワーのお湯にとろけ出すように、疲れも溶け流れていく。

スイスイスイ2015年07月22日 17:17

私は杖使いで、靴を履くと片足痛い。

昔は健脚で毎日7キロ、多いときには14キロ歩いていたのがウソのようだ。
この「痛い足」というのは私を歩かせないし(杖を使ってもへっぴり腰で姿勢の悪さからますます悪くなっていく)、歩かないと足指の筋肉が逃げてますます歩けなくなるので、とんだ悪循環である。

しかし、この「痛む足の裏」には特技があって、バスで座っていて運転手さんのテクが一発で分かるのだ。荒っぽい運転手さんだと足も痛いし、上手い運転手さんだと痛くない。

今日乗ったバスの運転手さんは、いや、湖を泳ぐ白鳥のようにテクニシャンだった。
発信、停止、まったく無駄な力が入っていない。
上り、下り、右折、左折もスイスイとすべるようにいっちゃって、いつものバス道があっという間だった。
そう、上手いと時間も感じさせないの。
逆に下手だと、どんなに飛ばしても荒っぽくて痛くて疲れるので困る。
上手い運転手さんが、途中渋滞なんかで時間がなくなって、ラスト飛ばすときは、
「あー、おしい!あとちょっとで無痛で着けたのに…!」
なーんて、
若くて健康な脚力で、混んだバスにがっしと立って乗っていた頃には思いもしなかったようなことを、私は考えている。

若者よ、干物になるな!2015年07月22日 22:21

テレビニュースを見ていたら、大卒予定者の就職活動をやっていた。
なんと!
この暑いのに!
リクルートスーツ!
黒で熱を吸収しまくりのど元までかっちりネクタイを締め。
ちなみに都心の地表温度49度。
クールビズで良し、というわけにはいかないのか。
企業!
内定も内々定もいいから、もう早いとこその拘禁服を解いてあげて!
活きのいいのを採用しようにも、就職活動で、若者はもはや「半病人」。
新年度揺り返しで5月病来るぞ~。

ホンダナオチタ2015年07月23日 15:44

安い組み立て家具を使っているのだが…
今日驚いたこと。
本棚が一段「落ちた」
ガコッ・ドザッ・ドソソソソ…!
どうしよう。
大型本の段で、どう収集着けたらいいのかわからないわ…

お引っ越し大作戦2015年07月26日 12:58

さて、信州の義母のお引っ越しである。
私のパートは前半、病院に連れて行って健康診断書を取る、老人ホームにいって説明を受け、契約、費用振り込みように義母を指定信金に連れて行って口座開設、観葉植物の解約、必要品の買い出し、などであった。終わって帰って来て我が母芳子さんとタッチ交代、引っ越しの作業には杖突きは邪魔になるだけなので、ドッコイ氏と芳子さんとで荷物を整理梱包、新しいホームで荷解きをする。
引っ越しは明日である。

義母、則子さんはびっくりするに違いない、なにしろ新しい部屋は、天井が高く、広く、窓の外には一面の田んぼと山並みが広がって(いままではとなりのビルしかみえなかった)どこまでも広く、広く、広いのだ。とびっきりいい部屋が当たった。
今までのホームがリハビリに消極的(悪くいえばほったらかし)だったのに対して、説明では、機能回復に向けてプランももう立てられている。(そこらへんの素早さ、さすがプロである)
今までのホームではそういったことが一切なかった。1年7ヶ月、個室に閉じ込めておく監獄のような生活に、義母はよくぞ耐えてくれたと思うし、そんな無責任なホームに対する怒りもあるが、今は新しい、希望のある生活に期待をかけるのみ。

とにかく大変なのは行ったきり、働きっぱなしのドッコイ氏である。
実家はもう風呂場が使えないので(なんと庭に風呂小屋が立っている典型的田舎家屋)、公衆浴場(井戸を掘ったらお湯が出たので、市が温水プールと浴場にした)にでも行って、疲れを流して下さい。

お引っ越し2015年07月28日 02:45

お~わ~っ~た~!

ソース2015年07月29日 04:58

東京はブルドッグ一色であった。
そこへ一部高級店にオリバーの「どろソース」が来た。
それ以前、いっとき国内の仕事で大坂出張が多かったドッコイ氏は「一部グルメ」の「どろソース
の運び屋」と化していた。)
危ないクスリの売人とまちがえられられなくてホントによかったね(笑)

で、私も行ったんである、大坂へ。
どんなソースを売っているか知りたくて。 
わー、お多福ソースにオリバーに錨印にカゴメまであるよ。
(カゴメは東京ではケチャップ売りに専念したようである)
どれを買ったかって?どれも。
もう帰りの電車賃ぎりぎりだたから。
すらっと並んだソースの棚を
「ふむ」
と言ってながめ、本当に青い大坂のおネギさんをながめ、
新幹線に乗って帰ったさ。
私自分でも貧乏なんだか金持ちなんだか分からないわ(笑)

月給0円!2015年07月31日 08:54

明日から1ヶ月、ドッコイ氏は夏休み(学校の事務バイトだから)。
自治会方面でいろいろ忙しいみたいだけれど、問題は「バイトだからお金が入らない」ということだ。
9月の給料日が恐い、入金0円よ〜、キャ〜!
どうなっちゃうんでしょ、9月。(ただでさえ日給五千円なのに…)