パリジャンと卵2015年07月02日 22:43

「パリの空の下オムレツの匂いは流れる」(石井好子)を読んでいたら、
「パリジャンは迷信深く『卵は肝臓に悪い』と週に一個くらいしか食べない」
とあった。
フランス語の授業で習った「マロ・ウ・ド」(肝が痛い→背中が痛い)の意味が初めて分かった。
今は盛大に食べていると思うぞ(1963年初版だ!)。
それにしても萩尾望都の『エッグスタンド』は戦時下のパリを舞台にした名作。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック