オーランドー2015年04月27日 21:20

クリーニング屋の宅配車は夜、オルゴールで「五木の子守歌」を鳴らしてやって来る。しかし
「盆からさーきゃおーらんどー」
が「盆からさーきゃ『オーランドー』に聞こえる」のってどうよ。
オーランドーはナイジェル・ニコルソンが
「文学における、『最も長く魅力的な恋文』」
と評する傑作小説である。
作者はヴァージニア・ウルフ。
二十世紀イギリスの天才的小説家で、女性には珍しく自殺して生涯を終えている。
鬱病であったらしい。
両性愛で、貴族の娘ヴィタ・サックヴィル=ウェストと関係があったが。
悲しいかなヴァージニアは冷感症。
で、精一杯の心で書いた恋文が「オーランドー」というわけ。
クリーニング屋のチャイムを聴く度
「ほう…」とため息をつくのだが、こんな事知っていても1円の得にもならない。
私は無駄なところで賢すぎて日常生活パーの女である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック