予防接種と大将のコレクション2011年10月14日 07:46

きのう、都内の国際医療センターにアフリカ風土病の予防注射を打ちに行ってきたドッコイ氏。
これがマイナーな土地のマイナーな病気になるとになるとパリのパスツール研究所になる。さすがパスツール、何でもあるでよ。アフリカにはまずパリ経由で行くので、中継点で助かっている。
予防接種が顔を出すと、「そろそろ出張も近いなー」という感じ。

オーストラリアを除いて全大陸制覇しているドッコイ氏であるから、もう何も言わない。
でも、言葉には出さないけれど、おなかこわしたりしないか、急な温度差で風邪引いたりしないか、という不安は毎回つきまとう。
ましてや、戦争、民族対立、宗教対立、国境紛争、テロ、暴動、山賊、地雷、外国人誘拐、等々のことを考えるときりがない。
行くのはたいてい危険な国である。というか、日本の治安が良すぎる、ということだが。

湾岸戦争にもイラク戦争にも巻き込まれている、という「当たり運」の強さなので、年末ジャンボ宝くじ買ったら当たるかもしれない(笑)。まあ、買わなければ当たらないけど買わないからハズレないものであるからして、我が家では「射幸心の無駄遣い」はしないことにしているのだが。

ところで私には、遠い親戚にお寿司屋さんがいる。奥さんの方が親戚なのだが、そこの大将はかわった人で、変な物のコレクターである。
いっぺんみせてもらったのが、「末尾0番から百枚揃った宝くじの額縁」。
思わず「当たってるのあるんですか?」と聞いてしまって、いやぁ、失敗失敗。あったらとっくに換金しとるがな。
いきなり押しかけたのに、お寿司に天ぷらお腹いっぱい食べさせてもらったお礼に後日送ったのは
「週間大衆ロゴ入り・女体ヌード彫り物テレカ3枚組」(忘年会で引き当てた)
ものすごく喜ばれて、わざわざお礼の電話がかかってきたな。
「こういう『レアもの』だったらいつでも大歓迎ですよ。」
と、大将ものすごく喜んでた。ロゴ入りは「レアもの」なんだそうな。(知らなかったよパトラッシュ…)

ウチのドッコイ氏は「週間大衆ロゴ入り・女体ヌード彫り物テレカ3枚組」よりはるかにレアものだぞ!と、妙なところで気張ってみたりしている、変てこりんな私である。

小さな生活2011年10月14日 21:37

「滝雨」の予報に、急いで買い物を済ませ、急いで実家に行って、急いで母と夕ご飯を食べて、急いで帰ってきた。
時計を見たらまだ7時前。虫の音が聞える。が、8時になったら予報通りの激しい雨降り。
明日咲く予定の朝顔のつぼみは、はたして開くかな?
ドッコイ氏はあさって長野に「日本一のフランス車のお祭り」に行くのだけれども、ちゃんと晴れるといいな。
海外出張だ、その準備だ、住まいの契約だ、支払いだ、とめまぐるしい毎日、せめて大好きな車の仲間と、出発前に心置きなく遊べると良い。
彼はそのあと用事で実家泊まり、私は留守番。まるで出張の予行演習のようだ。

昨年出版頒布された文部科学省の教材「わくわく原子力ランド」は、事故の後すぐにホームページでの閲覧が中止になって、今日になって180度転換した内容の教材が発表されたけれど、子供たちは何を学び、どう思うのだろう?

私たちの小さな3日間の生活のうちにすらも、世界は、動いてゆく。