常備菜2009年07月02日 19:36

いまさっきまで「豚バラ肉の千切りと辛子高菜の麺つゆ炒め煮」を作っていた。
我が家ではこれが常備菜で、熱々のご飯にのせたり、卵焼きになったり、チャーハンになったり、する。「辛子高菜」もいろいろだが、「仟(せん)」というメーカーの「辛かもん」という、赤唐辛子も漬け込んだ、辛さ5ッ星のヤツでなければダメで、以前は駅前のスーパーで買えたのが、今では車で往復2時間の旅をしなければ入手不可能になってしまった。
「買い物」というより「小旅行のお土産」みたいなモンである(笑)。

「常備菜」という言葉そのものが、スーパーやコンビニがあたりまえになってしまった日本の食卓では失われてゆくものなのだろうか。
メインディッシュの横に、きんぴらゴボウ、「だし」を取るたびたまる昆布を冷凍しといて、四角く小さく刻んで甘辛く豆と煮たり、ちりめんじゃことピーマンを醤油で炒めたり、ひじきとニンジンを煮付けたり、とにかく「冷蔵庫の中で最低4日は保って、忙しい朝やお弁当に登場する『我が家専属の働き者のこびとさん』みたいなオカズ」のことである。

「他人の家のメシを食うと、人間太くなる」というが、若い頃は、友人のアパートや漫画家の仕事場、外国人タレント専門の(なにしろ「コーシャ(おまじない)してなきゃだめ・ユダヤ」だの「牛肉ダメ・インド」などいろいろである)スタジオなんてとこまで、あちこちで食事をした。(だから「おなかも」太くなったよ、ホントに・笑)

ほんわか友人たちとの鍋パーティーから、一分一秒を争うド修羅場片手でおにぎり食い、たらたらと出番待ちの時間つぶし、「強行スケジュールでもう昼夜逆転・真夜中の午ご飯」なんてのまで、情況もいろいろ。
そうして、いろいろなひとと、いろいろな人が作った料理を体験してゆくと、テーブルを囲む人、料理を作る人の子供時代が見えてきて、おもしろかった。

なかでも、漫画家さんにひとり「常備菜の天才!」って人がいて、聞いたら4世代大家族のなかで、おばあちゃんの料理を手伝いながら育った、ということだった。
さすがである。

「常備菜」、これは消費形態の変遷に押されて消えてゆく運命にあるのかもしれないけれど、可能な限り伝えてゆきたい。

「きっくり腰」で逆さDVD2009年07月06日 22:27

「ぎっくり腰」ではない。「きっくり腰」。プチぎっくり腰。これにやられて3日ほどネットを休んで(だって痛くて座れないから)おった。
その間にもいろんな情報がいっぱい。速いぞ速いぞコンピュータ世界。
全部は見られない。
とりあえずメールのお返事書いて、これからまたふとんで休憩。しかし食欲はあるのよね、フォアグラのガチョウ(首だけ出して埋めといて、えさをホースで咽に流し込む)状態だわ。

この、横になっている間に、枕の先にあるテレビでDVDのまとめ鑑賞。
「寺内貫太郎一家BOX」「転校生」「神はサイコロを振らないBOX」ときて「ちゅらさん完全版BOX」まで観てしまった。
上を向いて、腰に段差をつけて横になって、逆さの画面である。もうしばらく横になっているので「大岡越前第一部BOX」か「時間ですよ73年版BOX」に突入の予定(笑)。
森光子さんは「放浪記」の舞台のでんぐり返しで有名であるが、まさか
「おかみさ〜ん!時間ですよ〜!!」
の名場面まで逆さに見られようとは思うまいて。(笑)

お中元2009年07月08日 13:19

メンバーズカードを持っているデパートから分厚いカタログが送られてきたら、「お中元シーズン」スタートである。これは夫婦親戚人付き合いの義理が堅くなって、30代になってから始まった。

義父さんの「気楽にいこうや」のひと声で、かなり軽いものにはなっているのだが、ドッコイさんは小なりと言えども本家の一人息子なので、しかも両親とも大家族で、しかも義理堅い地方の出なので、ナンノカンノ言ってもかかるものはかかるんである。
それに恩師、先輩、夫と私の親友夫妻と、数えてみたら結構な物入りである。
これから家を建てるためにローンを組まなければならない身なので、財布の紐はちょっときつく苦しい。

「家は女で保(も)つ」というけれど、やりくり算段は気ぜわしく、この大不況の中「ボーナスいくら出るのかしら。大手が昨年より2〜30万低いというのだから、ウチは下手すりゃ出ないね・・・・」などとほおづえついて鼻の下にボールペンくわえて、降る雨を眺めている。

姫ウズラの「笑顔指数」2009年07月08日 19:25

我が家の姫ウズラ「サンク(フランス語で「5」)が逝ってしまってもう6日になる。寝室の隣の洗濯部屋で暮らしていて、いつも灯りをつけていたのだが、暗くなってしまった空間を通るのは心がチクチク痛い。

奇妙な習性を持つ東南アジアの鳥で、つがいで飼うと、愛情の印に尾羽を抜きあうのである。てなわけで、焼鳥屋で言う「ぼんじり」むき出しである(笑)。天敵が来たらどうやって飛んで逃げるのだろう?
大きさは子供の握りこぶし位。
一応飛べるのだが、一直線に羽ばたいて、何かにぶつかって落ちる。
ぶきっちょな、ふだんはほとんど藪の中でチョロチョロしている習性のものだから、我が家では「うさぎ用ケージ」に敷きわらをどっさり敷いて飼っていた。

おもしろいことに、ヒナのうちはお父さんの羽の下を逃げ場所にしている。
お父さんは翼を円盤のように広げて胸を張り。
頭だけちょこんと真ん中にあり「小さな鍋ぶた」そっくり(笑)。
エサをやりに手を突っ込むたびに
「あららアン(フランス語で「1」ちなみに初代奥さんは「2」のドゥ)が『鍋ぶた奉行』してる〜。」とドッコイと笑いあったものだ。

新しく飼うか、いわゆる普通のウズラにするか、ドッコイと検討中である。
小さな生き物でも、居ると居ないとでは、生活の「笑顔指数」はずいぶんと違うものである。

ケガの功名2009年07月09日 00:35

「きっくり腰」が治ったものの、途中まで観ちゃった「大岡越前・第1部」があんまり面白くて、今度は座って観ていたら、加藤剛さんの演じる名奉行「大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)」の姿勢の良さに感化されて、猫背が治って背筋が伸びちゃった。ただしパソコンに向かうとまた猫背(笑)。
これは「第2部(出てるのか?)も観なさい」と言う「背筋の神さま」からのお告げなのであろうか!?
とりあえず「大岡越前」の次は「ムー一族・BOX」を観ようと思うのだが、郷ひろみさんと伊東四郎さんで果たして背筋は伸びるのか?

ケガの功名再び2009年07月09日 14:49

「大岡越前第2部」は、DVDラックを探したら出てきました。
「背筋の神さま」ありがとうございます(笑)。

「サクラ大戦2の曲」2009年07月10日 19:25

あるお方から「サクラ2」の歌謡集を頂いた。
これは私のは引っ越しの折りにどこかへ紛れてしまったもので、「1」はあるけど「2」はないという状態で数年過ごしてしまったものだ。

引っ越しの際、私は病気で実家に帰って寝たきりで、ドッコイと運送屋がしたのだが、なぜか台所の玉杓子が寝室の段ボール箱から発見されるなど、あまり腕の良い運送屋ではなかった。

ま、それはともかく「サクラ2の歌」である。
ちょうど同人誌「てなもんやサクラ大戦」を描きながらBGMに繰り返し聴いていた盤である。表紙に「絶体絶命のタンゴ」ならぬ「ダンゴ」を描いて、遊んだりしたあの頃。

久しく聴いていなかったので「既視感」ならぬ「既聴感」の連続で、「ああこれこれ」と言いつつ「檄帝」がフルオーケストラで、マリアからスタートだったり、「生きてる喜び」が万年床での足踏みダイエットにちょうど良いテンポなのでリピートモードにしたり、「都の花ぞ」の「お母様、コロッケ美味しゅうございました」が、東京オリンピックのマラソンランナー円谷の遺書「干し柿美味しゅうございました」のまねっこだったりすることを思い出したり、である。

「まあ、お久しぶり〜〜〜!!!」というか、「ようこそ我が家に!」というか、そんな気持ちで聴いている。幸せである。田中公平先生偉い!声優さんすごい!

(生きてる喜び」で万歩計は4千歩を越えたぞ(笑)、ビバ!マリアさん!!)

トルコ料理2009年07月12日 20:46

ドッコイと一緒に新宿までトルコ料理を食べに行ってきた。
マトンのステーキ、スパイス効きまくって
ウメェェェェェェェェェェ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!
(すいません、あまりの美味さに「羊語」になってしまったわ・笑)

「ヤクルトおば(あ)さん」2009年07月13日 16:23

さて、ドッコイとトルコ料理を食べに行く途中、新宿南口ガード下左で発見した、おそらく日本最高齢の「ヤクルトおばさん」
リヤカーですぜ、リヤカー。しかも客は途切れず。
南口といったら「場外馬券売り場」。
ガード右下には予想屋のおじさん。みんな気合い入ってるなぁ、「ヤクルト・タフマン」の売れること売れること(笑)。「ビンゴミ」の方が多い「ヤクルトおばさん」なんてココくらいのもんでしょう(笑)。

「巨匠!」2009年07月13日 21:47

さて、私たちはトルコ料理だけがお目当てでドライブしたのではない。
ドッコイが新聞で拾った日本画情報である。

東京タワーのちょっと先に大きな新興宗教の会堂があって、そこが年に一度、1日こっきりのフェスティバルを開催する、そこに教祖さんが戦前コレクションをした日本画の展示会をするというので、もぐりこんで、有り難い講話はほったらかして「とりあえず1日公開の日本画を見ましょう」というコンタン。

お目当てはこれ、安田靭彦先生の「孫子勒姫兵(そんしろくきへい)」だったのだが、残念、これは水戸の「安田靫彦展・黄瀬川の陣」と同じく掛け軸であった。
今で言うと何だね、新聞の広告に「リトグラフ300枚限定ナンバー付き」ってのと同じで、秋に開催される「日本美術院展」の大作を、頼まれてミニサイズを描くってこった。
でも割と大判サイズで、これはこれで、良かった〜〜〜〜♪

院展の作品は小林古径先生の「紫苑紅蜀葵(しおんこうしょくき)」(昭和11年)で、二双一曲の屏風仕立て、戦後は病を得て大作に取り組めなかった古径先生の絶頂期、なんとも味わいのある大作であった。

あ、上に述べた作品の他にもいろいろありましたが(川合玉堂先生の「雪志末久瀬戸」など迫力あったわ〜〜〜!)夫婦の一致した意見は「横山大観」は好きじゃない「前田青邨」も好きじゃない」「下村観山先生は好き」「○山郁夫はキライ」などなど。

まるで別々の好みの夫婦であるが、日本画の好みだけはガッチリ一致することを確認した1日でありました。(笑♪)