兄の始末2020年05月23日 01:23

兄を荼毘に付した。
遺体とは対面させてもらえなかった。
推定4月22日死亡・死因不明で、26日間発見されず、腐敗が進んでいたらしい。
ゴージャスな骨壺に納まった。
「いや、普通の骨壺でも…」
と言うと、
「こちらではこれが『普通』です」
とセレモニー業者。そうか、そうなのか。
「部屋の片付けをしたい」
「いや、業者に任せた方がいい」
と刑事さん。
そんなにすごい腐乱死体だったのか。
大家さんはこのようなケースに備えて保険に入っているという。
こうなりゃ手出し無用と、業者に託す。
遺された携帯電話にアドレスはなく、全てパソコンで管理していた様子。
「パソコンは手作りだよ」
と言っていたし、パスワードも分からないし、で、兄の交友関係への通知は諦める。
友達はいたようだが、記憶の彼方に消えてもらおう。

兄は遠い異国で突然死した。
そう思うしかない。

少し寂しいが、
「短くても自分の人生に満足していたのだろう」
と思わなければ、落ち着かない。
「心臓突然死」は私の遺伝の系譜だ。

業者処分で形見はなにも無い。

ただ、「私には兄がいたのだ」という記憶だけが遺産である。

兄は、確かに、そこにいた。
後ろ姿しか見られなかったけれど。

それを持ってして、良しとしよう。

兄・杉浦等・「裏」を知らないひとの悲しさ・中2020年05月20日 11:56

小学校5~6年、兄は教条主義者の担任に当たってしまった。「生徒は担任の言うことを聞いて一番」。
そこから兄は外れてしまった。しかも頭がいい。担任が
「今日の授業はここまで」
と思いもしなかったことを問う。
もはや「天才の彼」は「異分子」でしかなかった。
担任は暴君と化しヒステリックに彼を虐めた。

日に日に、顔色暗く帰宅する兄を迎えるのが辛かった。
「今日も学校でネチネチ虐められたのか…」

(ところが私は同じ担任に3年生を受け持たれているんである。成績は優の上。学級委員長。すごいえこひいき授業だった。恐ろしかった。ひとつご機嫌を損ねてしまえば大転落が見えている。なんとかして早く、この担任から外れたかった)

中学の私立受験に失敗し、市でも最低レベルの「谷底の中学に通い」兄はみるみるどん底に落ち込んでいった。
読み物は「「マルキ・ド・サド」や「毛沢東語録」「中原中也」「三島由紀夫」「永井荷風」、知性を持て余していた。
高校受験は最低の地元工業高校の、それでも「工業化学科」。卒業写真を見ると、兄以外は全員リーゼントの時代である。
恩師の計らいで昼間工業高校実験助手を務めながら、2浪して大学の夜学へ。勤労学生は、兄を含め2人しかいなかった。そこで史学を学んだ。正真正銘の「苦学生」である。

実験助手から正教員への採用試験(倍率二百倍)に受かり、生活は保障された。
だが、工業高校そのものが「コンピュータ高校に移行していった」時期である。「工業化学の先生」として生き延びるのは大変だったようだ。
最初は夜学、後に普通科の「化学教師」として、都内の高校を転々とした。労働条件は、良くは無かった。それでも年金がもらえる年齢まではなんとか勤め上げ、退職した。
年金受給までの年数、仕事をしているようだったが、いったい何の仕事なのかは母も私も知らない。

教員住宅すら、石原(バカ)都知事の「都職員を甘やかすな政策」により追い立てを食らい、近所のアパートへ引っ越している。公務員受難の時期である。(このときアパート契約の保証人に母がなったのが幸いした。電話番号が変わらなかったため、兄の家賃が振り込まれていないこと、警察と一緒に部屋へ入る承諾など不動産屋から受け取ることができたのだ。さもなければ兄の死は私たちに永遠に知らされなかっただろう)

生真面目な兄にとって、工業高校は生き辛い現場だった。
しかし、そのストレスをかわすために、兄は「いけない手」に出た。

「合法薬物の過剰摂取」である。(続く)

兄・杉浦等・「裏」を知らないひとの悲しさ・上2020年05月19日 01:01

兄、杉浦等について、覚えていることを書こう。

私の兄に対する最初の想い出は
「なんでお前なんかがいるんだ!」
という冷たい抗議のまなざしだった。
以来私は三白眼でしか兄を知らない。
父、母、祖母、三人の寵愛を受けて育った兄は
「祖母の突然の死、未熟児だった妹への両親の関わり」
で、
「自分への愛を奪うもの」
としてしか妹を認識できなかったのだ。

妹がミルクを吐いた、それが臭い、というので彼は牛乳アレルギーになった。まったく彼の幼少時の不幸は「妹が産まれてしまった」事から始まる。

私はハタチまで、この人に「遊んで貰った記憶」が1回半しかない。それも「いやいや」。
「時間はあるし、両親は留守だし、しかたない、自分がつきあってやるしかないか」
という態度であった。
(後に発見された小学生時代の日記に「午後5:45に帰宅したら妹が心配していた。驚いた」とあったのが妹に関する記載の全てである)

兄は早熟だった。実年齢4歳差どころか、さらに10年上だった。たぶん「天才」だったのだろう。こと早熟さに関しては異様な頭脳の持ち主だった。
小学校2年生の時「夏休み、図書室の本を読みたいので毎日登校させてください」と学校に交渉し、承諾を得た。
図書室の百数十冊の偉人伝を読破した。
しかしそれは彼の人生にとっては大失敗であった。

エジソンは後に財団を立ち上げ「これは」と思う案件全部に特許申請して、いざ実用的特許が出たとき「残念でした、それはエジソン財団が特許申請済みです」という「特許のバイヤー」として成り立っている。
ディズニーはスタジオシステムを立ち上げたが、労働環境改善を求めた職員がストライキを起こしたとき全員を解雇している。
しかし杉浦等は小学校2年生レベルで「世界を学んでしまった」ため、栄光のその裏を知らなかった。知ろうともしなかった。

ただ栄光へ。まっすぐに生きること。

その兄を挫折に導く事件が起きた。

兄弟感覚と夫婦感覚2020年05月18日 22:02

兄の死に際して、夫ドッコイ氏(一人っ子)に
「あなたは「兄弟感覚が分からない」んで…」
「そうです」
「…すね」を言う前に明快なお答え。

「でも夫婦感覚は分かるでしょう?」
「はい」

ああ、よかった。
これが分からなかったら離婚だよ。

情景2020年05月07日 07:40

薄緑色の乳母車(今のベビーカーと違って対面式)に乗せられてわたしは母を見上げている。

母の片手にあずきミルク色の日傘、その遠くにけやき並木からちらちらもれる木漏れ日。

カラカラと車輪の回る音、母がなにか優しく話しかける声。

ベランダ太平記・3「枇杷の木は残った」2020年04月29日 01:50

(「樅の木は残った」作者・山本周五郎先生に捧ぐ)

(続き)
さて、問題は枇杷である。
これはどんどん大きく伸び、茂る。
しかし、ドッコイ氏は枇杷の木を知らぬ信州育ち。
枇杷の名産は千葉、信州の名産はリンゴと杏と胡桃。
枇杷の実を買って食べた氏は
「コロンと大きくて可愛い種だなあ…」
と、そのままベランダへ出て、たまたま空いたプランターに指を突っ込んで穴を作り、種を入れて上から土をかけ、水をやった。
だけ。

そこが枇杷の思うつぼ!
知人のおうちに大きな枇杷の木があった。
「大きいですねー」
と言ったら
「ああ、それ5歳の時、私が縁側で食べて庭に種ペッとやったの。芽吹いちゃって伸び放題よ」
枇杷は侮れない。

しかし、ドッコイ氏が種を埋めたプランターは
「一年草の花を咲かせるための、浅い円盃形」
そこに、グングン伸びる枇杷、である。
2本の、高さ30㎝にもなった枇杷は、葉が大きく、風が吹くたびぐらつくので、根が土から持ち上がり、「不自然な自然の造形」となっている。
傾きまくっているのだ。

力士が四股踏んで片足持ち上げかけた、そう、あの姿勢。
図体はデカいが根が半分土の上に出て、風が吹くたび鉢の土がかき混ぜられて、鉢が載っているのがエアコンの室外機の上だったもので「土埃の嵐」、洗濯ものの天敵である。

「枇杷はあきらめましょう…」
私は鉢を風よけの日陰に移し、水やりを止めた。
自然に枯らせる作戦である。
それにドッコイ氏が異を唱えた。

「枇杷を枯らせないで」
「あのね、枇杷は地面に生える木なの。枇杷の盆栽ってないでしょう?ベランダでは無理なの」
「でもボクが目覚めさせた命だ。かわいそうだ」

あらあら。
「責任取ります」
ってか。
末摘花を大御殿に引き取った光源氏のようだ。

しかーし。
私はこのドッコイ氏の高貴なところにも惚れてしまっておるのよ。
しょうがないなあ、もう!

「じゃあ、ベランダで生かす手立てを考えましょう」
3日考え抜いて、
「大きなガーデンセンターに、コロナで外出自粛ムードですが、すいていそうな時間に一緒に行きましょう。そこで買うものがありますが、私は杖で持てませんので、あなた担いで車に載せてください」

買いました、テラコッタの内幅24㎝・深さ24㎝の寸胴大鉢。それとゴロゴロした竹炭一袋。
買って帰ってふたりで作業。
といってもドッコイ氏はこんなの未体験だから、私が指導。

鉢の底穴にネットを引いてゴロ土と竹炭を水はけを良くするために8㎝。上に再生園芸土にゴロゴロ竹炭を混ぜたの。
腐葉土だと葉の部分が崩れて土が沈下してしまうのと、ゴロ竹に根が当たって、衝撃で分岐する「根張り」を計算したわけだ。

かなり深めに植え、土をかぶせ、枯れ始めた下葉を除く。
根元をしっかり、手のひらで土を押さえ、活性剤入りの水をたっぷり。これで風をよけてしばらく様子を見る。
先端の芽は、これから真っ直ぐ上に伸びられても困るので、こんもり仕立てるために剪定ばさみでカット。

ドッコイ氏は根元を手のひらで押さえるのも初めて、芽をカットする作業を何の意味があるのか分からず、不思議そうに見ている。
それを植物学的理論でとことん説明。
納得した様子。

で、1日終わり。

翌朝。朝ご飯の支度をしていたら、氏は
「いや、私はもう『観察者』ですよ…」
ちょっと待て、ドッコイ!

あれは「あなたの枇杷」なんです。
私は過去の園芸知識を生かしてお手伝いしただけ、あれはあなたの「命」なんです。
責任取ってください。

ベランダに枇杷の大鉢なんて、体力の無い私には手に負えんわ!

ああ、「みどりのゆび」の作者・モーリス・ドリュオン先生お願いです、ドッコイ氏に「みどりのゆび」をお授けください。
忌野清志郎がなぜ
「愛し合ってるかい?」
と死ぬまで叫び続けたのか。

枇杷もあなたを愛してるんですよ、あなたの命を愛しいと思っているんですよ、この種を超えた「相補性(コンプリメンタリー)」がなければ「園芸」は成立しない。

美しい鉢や苗に魅せられ、よいとこだけ取って、あとはメモワールとしてコンプリート箱に詰め込んでいては、植物の命の残骸の「カラ植木鉢」が増えてゆくだけなのだ。

「園芸」とは「愛し合うこと」なのだ。

母・芳子さんの天ぷらと「3人」の食膳2020年04月19日 04:14

母・芳子さんは「揚げ物名人」であった。
ご近所の、市販の春巻きを食べられない偏食の女の子が
「杉浦さんのおばちゃんの春巻きなら…」
と言って、もりもり食べたのだ。

市内産休ピンチヒッター教員として忙しく走り回っていた母だが、とにかく手際が美事だった。
夜7時には食卓に着いている父親(「残業とは馬鹿者のやることだ!」と公言して、忙しいエンジニアセクションでも自分だけは「時間だから」と部下を置き去りにして帰宅してしまう協調性のない男だった)、近所の公立校に通う兄、遠距離通学だがなんとか7時には家に辿り着く私。
市内の、どんな山奥の学校に赴任しようと、母は帰宅し、買い物を済ませ、手際でサッと暖かい料理を作って出すのである。

いきおい、揚げ物が多かった。
新鮮な食材に衣つけてジュウゥッ、一丁上がり!である。
天ぷら、とんかつ、ミックスフライ、春巻き、揚げ餃子。
ワンタンですら我が家は「揚げワンタン」だった。
大人になって、「雲を呑むような『雲呑』」を初めて食したときはビックリした。(なので、今でも好物だ)

兄が家を離れ、夫・ドッコイ氏が糖尿病になり、父は三宅島の坂道で転んで脳挫傷・寝たきりになり、母・芳子さんの食膳からは次第に揚げ物が消えていった。

決定打は昨年「転倒して手の薬指骨折、1ヶ月包帯グルグル巻き」である。
母・芳子さんの握力は急速に衰えた。
非常災害用の2リットルのペットボトルの蓋がひねれない。
1ヶ月分の新聞を、5段の階段持って玄関に出せない。
みんなドッコイ氏にお呼びがかかるようになった。

さて、ドッコイ氏である。
舅存命の頃は、春になると「山で採ってきたから」と「たらの芽」が山のように届いた。段ボール箱一杯である。お裾分けに苦心した。
しかしドッコイ氏は、田舎社会での立ち回りは上手いが愚鈍で見栄っ張りな「権威主義者の父」のことを嫌っていた。舅が死んだら
「いいよ、たらの芽は食べたくない」
である。

だが芳子さんは、ドッコイ氏が好きなのである。
好物のなすの天ぷらとかき揚げを揚げるからいらっしゃいと言う。行ってみたら、どこで調達したのか「たらの芽の天ぷら」が真っ先に揚げてあった。

ドッコイ氏と私と芳子さん、3人で揚げたての天ぷら食べ放題。さすが揚げ物名人の芳子さん、おいしかった。
ドッコイ氏はたらの芽の天ぷらを真っ先に食べた。

あと何度、3人で「たらの芽の天ぷら」を楽しめるのだろう。

「家族」というのは「大いなる日常」ではあるが同時に「移動祝祭日」のような巡り合わせの運命も持っている。
残されたメンバーはもうこの3人。
また天ぷらの食膳を囲みたい。

ショウジョウバエさん、いらっしゃい♪2020年04月17日 03:10

今年最初のショウジョウバエ発見!
赤いお目々をルーペで確かめた。
オレンジの皮に付いてきたか。
まあ、ようこそ「いらっしゃいませ~♪」

なぜ「やまゆり園」から文明を説いたか2020年04月01日 03:05

 私は、分析者としてはかなり穿った「冷たい刃(やいば)」の持ち主だと自分で思いますが、思索の面においては「かなり熱い」のではないかな、と最近考えるようになりました。若い頃の自己確立のとき傍らにあったのが「萩尾望都」だったり、経験論哲学の「森有正」だったりしたのが根幹を成している、その延長線上に自分なりの人生のルールを築こうとしてきたから、ではないかなと、自分自身を振り返って感じます。
 考えることは、人生において「ぼーっとする=無駄な時間」ではありません。ぼーっとするからこそ、内面が深く掘り下げられるのです。
 1日の経験を通貨換算して「プラスマイナス」で幸福度を決定してしまう、「よく消費した、あるいは効率よく消費した1日=よい1日だった」と、金額換算して自分の幸福度を決定し続けることほど空しいことはありません。
 現在日本に見られる、キャッシュレスで「スマホで買い物して、スマホの機能で家計簿つけて」、それで「効率的な1日」を追求してしまう、人生をデータ化してしまうことの危険性は、文明の衰退期だからこそ大きいのです。

 「人生」は誰にとっても「物語」であるべきです。誰もが人生における「主役」であり「演出家」です。それは、どのような身体・精神・知的障がい者にとっても同等なことである、と私は考えます。だから「やまゆり園」の事件に立ち止まり、宮城まり子さんに思い致すのです。

 若い頃の私は、あまりにも貧しくて、自分自身の収入と消費の分析のために「エンゲル係数」まで計算していました。それは「漫画家」というフリーランスの人生を歩むために、絶対必要な「試練期」でした。
 しかし今現在の私は、経済的には困難ですが、エンゲル係数を計算しようとは思いません。信頼と経験の上で消費活動し、割引のパーセンテージは必要以上に求めないのです。「投げ売り名物のスーパー」に足を運ぶことは、意図して避けています。「今日一日で何円節約したか=一日の達成度」に換算してしまうことが、巨大資本主義産業・消費機構の日本において「危険」だと感じるからです。 
 コマーシャルでは「ペイ、ペイ!」と目先の割引率」が喧伝され、それに乗らない者は人生で損をしているよ、と、あざ笑うような風潮が見られますが、そんなもの「与党と経済関係者・金融関係者が勝手にでっち上げてマスコミに乗せたた『期限付き』の、『まやかしの幸福』」でしかありません。
 健全な消費は自己管理の延長線上に成立するもので、その「自己」とは「血の通った、思索する、そして自分自身の人生に『物語』を求める・一個人」です。
 
 確かに、ローンや育児を抱え、効率優先で目端の1円にこだわらなければならない時期も、誰の人生にも起こりうるものです。
 しかし、世界的共依存生産体系に生きる私たちですから流通の確保はもちろん大切ですが、自分の生活地域で生産・消費し、楽しみ尽くすことこそ、地理的に特殊な「人口の密な島国・日本」に生きる人間として、求められることではないでしょうか。
 地域に生活し、流通システムを健全・公平に維持し、その土地での経験を基として模索し、消費し、生活を営む。その健全性こそが、これからの、困難期の私たちに求められていると思います。

宮城まり子さんの死と「やまゆり園事件」2020年03月31日 03:42

津久井の障害者施設「やまゆり園」で起きた、元職員による大量殺傷事件は、犯人が控訴を取り下げることによって「死刑」が確定した。
犯人は「死刑になることを望んでいた」が、裁判中「重度障害者は生きていない方が社会の幸福」という持論を通し続け、結局心のひだを見せないままに結審してしまった。
殺傷された人を人権的に保護するために「匿名」で、親族達は裁判所へ赴きさまざまな「私たちにとってはかけがえのない大切な命だったのに、なぜ、あなたは奪ったのですか?」という問いをぶつけたが、彼はまともに答えず持論を繰り返すのみ、ただ時間の経緯というむなしさだけが残った。
元職員で「入所者達が可愛い」と就職当初は発言していた被告が、なぜ「効率重視で大量の刃物を持ち込み、勝手知ったる部屋を回って」・「殺し、傷つけたのか」。
心優しい福祉施設職員を、差別、というより「区別」意識を抱き「優性以外は生存の必要なし」へと心導いてしまったモノは何か。これは「アーリア人種による国家」に執着し、ユダヤ人を・ロマ(ジプシー)・精神身体障害者・同性愛者を「収容所という効率的殺人工場で殺戮し続けた」ナチスの、ヒトラーの狂気的思想の復古である。

100点を取り続ける子供が、有名大学から大企業に就職し、一生リッチで居続ける、という戦後安定期に入ってからの日本教育の人生獲得競争の「ウラ側のツケ」が、突然社会の前面に躍り出てしまったのだ。

ここで今思い起こさなければならないのは「ねむのき学園」を創設して、それまで「障がい故に義務教育の権利すら放棄させられていた」障がい者の教育に全人生かけた宮城まり子さんのチャレンジであろう。
「豊かな精神性・感受性」を見いだし「美・音・創」の可能性から、世界的に高い評価を得て、障がい者の「充実した・幸福な人生」の道のりを、彼女は示したのである。
歌手である彼女は、声を発しない人の「歌声を聴く」パイオニアだった。

そんな宮城さんの人生が終わろうとしていたときに出現した「原理主義者」の犯行である。「キリスト教原理主義」「イスラム原理主義」は耳にする言葉だが、日本の宗教「神道」においても原理主義は存在する。

経典「古事記」を思い出して欲しい。
日本神話において最初に出現した男神と女神は、プロポーズの儀式に失敗し(最初に男から愛を告げ、女が受けるのが正解)、産まれた子供が「ひるこ」すなわち「障がい者」であったために、「この子は失敗」と言って水の流れに乗せて、捨ててしまうのである。2度目に五体満足な子供を得て、それを人間第1号とした。
日本の神話世界は、まず人類の優生保護を説いている、きわめて希な性格を持っている。
「弱者は殺せ」と。
この危険性。

日本神話の世界を国家の「天皇制」として戴くかぎり、天皇家は「古事記の世界に生きる日本の神主総代」であり続け、真の「平等的民主主義」は勝ち取れない。

偏った、圧迫した社会では、不満と失望から来る全体的体制拒否ゆえに大衆に復古運動が起きるのは、私たちは第二次世界大戦前夜に学んだ。
アメリカに端を発する世界的大恐慌により、大衆は資本主義経済と民主主義を見限ってしまったのだ。
あまり知られていないことだが、アメリカ大企業は独裁国ドイツを支持した。ドイツ軍用車の4分の1が「フォード製」なのである。

今、地球規模の温暖化と格差社会のるつぼの中、まさに「世界的混乱期、価値観の崩壊」が始まっている。

「やまゆり園」被告は、これが最初で最後ではないはずだ。
かならず彼に倣う狂者が、出る。

今は、過去古代文明に基づいて分析すると、明らかに「世界的文明の衰亡期」である。(コロナウィルス蔓延の混乱の中で、あまり言いたくないが、実はそう実証される「時」なのである)地球温暖化、貧富格差、民族移動…

この文章を読んだ方が、ニュースソースをしっかり持ち、正気を保ってこの混迷の時代に臨んでくれることを希望してやまない。