しっぽの災難2016年08月20日 12:32

ドッコイ氏がお盆で泊まりがけでかけたときに悲劇はおきた。

湯上がりのぼせてふらついて、壁に立てかけたキャリーの柄に後臀部をドン!
あまりの痛みに身動きできず、翌々日医者に連れて行ってもらったら外科は休み。
結局翌日レントゲンに写った尾てい骨は2カ所ポッキリ。

円座クッションに座り、痛み止め飲んで湿布のヒビ、いや日々。

あ~災難、皆々さまにおかれても、くれぐれも湯上がり注意。

え、赤塚先生と井上先生?2015年05月16日 01:30

「ひみつのアッコちゃん」のテーマソングとエンディングが井上ひさし作詞と知ってビックリ!

書いた情報を盗まれない手法2015年04月17日 00:53

此処に物事を書きすぎない

女優、レア・セドゥ2015年01月07日 23:41

「あ、映画『美女と野獣』の『ベル』は『アデル、ブルーは熱い色』の『エマ』役の女優、レア・セドゥ、同一人物だ!」と今気付いた。
歯並びと(治したのね)髪型とまゆ毛の濃さで、ずいぶんイメージ違うなあ…
女優さんって…化けるわぁ~(しみじみ)
今後が楽しみ♪

しかし彼女、フランス名門映画会社「パテ」の会長孫だし、映画一族のお嬢様で、ということは「アデル」のエマ役、歯並びわざとずらしたのかしら?

クレオパトラは全部引っこ抜いて「真珠の入れ歯」だったというが(ヒエ〜!)『美を演じる』って、えらいこっちゃ!(笑)


このエッセイは「UFO文學14年度冬季号」に掲載しますので、引用・盗作を固く禁じます。
発覚した場合は提訴します。

くまもん2013年11月27日 20:53

デジャ・ヴュ・・・夫・ドッコイ氏だった。
幼い頃生き別れになった双子の兄に違いない。

尻もち2013年10月24日 21:30

座蒲団に座っていたお義母さん、立ち上がろうとして30センチくらいで斜めに尻もち。
確かに痛かったようで緊張の余り両手がガラス冷え。
励まして病院へ速攻。
一時帰宅の一瞬の出来事。
人は50センチの高さならよじ登られるけれど5ミリの段差に転ぶ。
明日が心配、只今帰省中。
仏間にて。

恩師の名前2013年05月01日 02:00

恩師の名前を思い出そうとして3日ほど悶々としていた。アダ名は「原バア(生徒指導で、とにかく厳しかった)」…「原」がつく苗字を思いだせるだけ思い出していたのだが。今フッと出てきた、「山崎秀子先生」お元気ですか?(で、どこに”原”が?)

パチンとつながる2013年04月11日 14:49

東京・調布(ちょうふ)の小学校で昨年アレルギー事故があった。亡くなった小5(当時)のお嬢さんのご冥福を祈る。
原因は「チーズ」である。チヂミに入っていたため見落とされてしまった。
それをNHKネットニュースで今朝読んで、
「あ、カレン・アームストロングさんが修道女時代苦しんでいたのはこれか!」
と納得。
彼女は修道院を出て今やイギリス随一の神学者であるが、チーズアレルギーに関する顛末は心理的にとても深いエピソードとして、自伝「狭き門を通って」(たかもりゆか訳・柏書房)に描かれている。
1996年出版、その年の「翻訳賞」を得ている名著で、忘れられなかった記憶が「パチン!」と繋がった。
私は「デスクを離れて、水をコップについでシンクに置いたまま、洗面所にいって、そのコップを持ってデスクに戻る」の一連の動作ができない、いつもコップがシンクに「待ちぼうけ」の”トロイア人”であるが、時々こんな風に「ミルク・ジグソー(一面「白いだけ」の、マニア向け)のピースが繋がる」こともある。
活字で綴られていたエピソードが、ひとつの情報で突然3Dで動き始めることもあるのだ。

歳を重ねることで得る能力のひとつは、この「ちょっとした『パチン!』のダイナミックな連鎖」である。

いくら「景気よく行こう!」ったって…2012年12月26日 20:04

ウチの近所のパチンコ屋さん、花輪がズラー。
見たら「祝・開店19周年」。
「日本人はお祭り好き」ったって、あと1年待てないもんか…