兄・杉浦等・「裏」を知らないひとの悲しさ・上2020年05月19日 01:01

兄、杉浦等について、覚えていることを書こう。

私の兄に対する最初の想い出は
「なんでお前なんかがいるんだ!」
という冷たい抗議のまなざしだった。
以来私は三白眼でしか兄を知らない。
父、母、祖母、三人の寵愛を受けて育った兄は
「祖母の突然の死、未熟児だった妹への両親の関わり」
で、
「自分への愛を奪うもの」
としてしか妹を認識できなかったのだ。

妹がミルクを吐いた、それが臭い、というので彼は牛乳アレルギーになった。まったく彼の幼少時の不幸は「妹が産まれてしまった」事から始まる。

私はハタチまで、この人に「遊んで貰った記憶」が1回半しかない。それも「いやいや」。
「時間はあるし、両親は留守だし、しかたない、自分がつきあってやるしかないか」
という態度であった。
(後に発見された小学生時代の日記に「午後5:45に帰宅したら妹が心配していた。驚いた」とあったのが妹に関する記載の全てである)

兄は早熟だった。実年齢4歳差どころか、さらに10年上だった。たぶん「天才」だったのだろう。こと早熟さに関しては異様な頭脳の持ち主だった。
小学校2年生の時「夏休み、図書室の本を読みたいので毎日登校させてください」と学校に交渉し、承諾を得た。
図書室の百数十冊の偉人伝を読破した。
しかしそれは彼の人生にとっては大失敗であった。

エジソンは後に財団を立ち上げ「これは」と思う案件全部に特許申請して、いざ実用的特許が出たとき「残念でした、それはエジソン財団が特許申請済みです」という「特許のバイヤー」として成り立っている。
ディズニーはスタジオシステムを立ち上げたが、労働環境改善を求めた職員がストライキを起こしたとき全員を解雇している。
しかし杉浦等は小学校2年生レベルで「世界を学んでしまった」ため、栄光のその裏を知らなかった。知ろうともしなかった。

ただ栄光へ。まっすぐに生きること。

その兄を挫折に導く事件が起きた。