役所探検、旅の心得2012年09月17日 14:26

以前書いたことかもしれないが、もう一度、これから役所へ行く友人のために書いておく。

私の友人の母が倒れ、「ほぼ脳死状態余命1ヶ月」の宣告を受けたのは、もう15年くらい前のことになるか。
母ひとり娘ひとりの暮らしで、貧乏で、手元に10万円くらいしかなかった。
親戚というものもなく、友人たちで彼女を支えるしかなかった。私たちはまだ30代前半だった。

役所方面が私の担当となり、横浜の区役所を訪ねた。
当時東京には(今は石原バカが取りやめにしたかもしれんが)「都民葬」というのがあり、極貧の世帯には簡単な葬儀台貸し出しと、現金10万円が支給された。
また、私の住んでいる市にも同じような制度があった。
で3時過ぎに区役所へ行って総合受付で50代くらいの総合受け付けのおばさんに
「あの、都民葬…」
と言いかけたら、いきなりおばさん立ちあがって、頭の上で腕ばってんのゼスチャー。口もきかずそれである。
怒る心をぐむっと押さえて
「どうしたらいいでしょうか」
と訊ねたら、こんだ「市長への意見箱」を指さしやがった。こっちは今、死と向いあってんだよ!
しかし、ここで非礼なおばさんをぶん殴ると警察沙汰になってしまうので、広い区役所、「社会」とか「福祉」とか看板がぶら下がっているところ全部総あたりした。
最後の最後に、ひとりのおじさんが、やっと人間語をしゃべった。
「ここにはないけれど、歩いて5分くらいの分庁舎に応対できる窓口があります。いまもう4時50分だから、こちらから電話をかけておくから急いで行ってください。」
ほれみろあったじゃないか、あんなトンマを総合受け付けに置くなよな!
と怒りつつ分所に小走りで行ったら、50もつれの優しそうな女性の職員さんが、
「お話は伺っております。大丈夫、無利子で26万円まで融資出来る制度があるのでご安心下さい。今はとにかくお母様を看病して差し上げて下さい。」
ほれみろー、ここにも人間語をしゃべられる職員がいるじゃないかー。
で、2時間の区役所探検は終わり、友人に連絡できたのであった。

お役所というのは、分りにくいモンである。口を利こうともしないゼスチャーおばさんがいたり、タライ回しにされてしまうことも多い。
でも、どこかにちゃんと「人間語」を解する職員もいるので、これからお役所に行く人は、とりあえず水分のペットボトルを忘れずに(何度も同じ話をするとのどが渇くので)探検の旅へレッツゴー!

コメント

_ やぎ2号 ― 2012年09月19日 18:34

わかりにくくするために「役所」という制度があるのではないかと思ったこともある。うちでいえば、そこそこ金持ちの老人には、受けられる高齢者向けサービスがほとんどなかったので、なんで税金納めているんだーと叫んだことがありましたっけ。

_ やぎ1号・抜刀 ― 2012年09月19日 21:51

役所は迷路である。
そこに口をきこうとしない総合案内係などがいると、ことはますますややこしくなるんである。
若かったから出来た「綱渡り」で、今ならもういかん。
とにかく区役所の中で、最後のひとりに巡り会うまで、私のアタマの上のピーピーケトルは鳴りっぱなしであったのよ。
今でこそ思い出話で「ヘソで茶を沸かせる」が…
ウチらの高年齢化に関して、
「それまでボケずにいられるか~?」
問われれば、はっきりいって自信ナイなぁ…。

_ 抜やぎ1号でござる ― 2012年09月19日 22:01

追記・ウチの一族には金持ちはおらんので、その点ちょっとマシかも。

_ やぎ2号 ― 2012年09月22日 09:42

追記・現在そこそこ金持ちの親族はいないので、今後そういうことも皆無であろうと思われます。
追記2・同居人がシングルパパであった自分に、自治体の「一人親世帯」の援助はシングル字−向けのサービスばっかりだーと叫んでいたこともありました。自治体の考える「世帯」の概念はいつのモデルだろうか。

_ やぎ1号・抜 ― 2012年09月22日 20:47

以前住んでいた団地の2階からは、トナリの階段のベランダがよく見えた。
天気がいいので布団を干していたらベランダにいるご婦人と目があって、
「いい天気ですねえ」
「ホントに」と、わっせわっせと布団を出してくるので
「お宅は御家族何人ですか?」
とたずねたら
「いや、私ヘルパーなんですよ。パパと男の子3人でもーたいへん!」
と笑ったおった。
作り置きした料理には目もくれず、近所のコンビニで買って来たスナック菓子の空袋がテレビを前に放射状に広がっていて、3人はゲームして生きているらしい。
いくらヘルパーさんでも、これには手が出せんはなぁ。

_ やぎ2号 ― 2012年09月23日 21:29

追記の訂正;シングルマザー向けのサービスでした。
追記3;ほんとに男子はなぜかジャンクフードが大好きなのである。うちの坊ちゃまは、テレビの前、ベッドの下、布団の中、机の奥、あらゆるところにジャンクフードの袋がちらかっておった。そうなると、野菜なんて食べないんだよね−。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック