素晴らしき自然とマダムの憂鬱2012年07月06日 21:09

壁をつたって登っていた大きめの羽アリくん、エアコンの中に消える…
たのむから巣にだけはしてくれるなよ。
季節が来てスイッチ押したら「羽アリの集団が吹き出し口からヴワァ~ン!」だけはゴメンだよ。
(スイマセン、今書いてて自分で怖くなってしまった…)

浦沢直樹×手塚治虫の「PLUTO」(プルートウ)は、面白いんだけれども「手塚ファン」の友人・やぎ2号師匠には勧められない。
彼女は大の「虫嫌い」である。
ところがそういう彼女が遠路はるばる拙宅に来ているときに限って、初夏の開いた窓から
「大きな『五木さん』がブンッ!と」
飛んでくるのである。6年間暮らしてただ一度の出来事、まるで誰かが仕組んだように、そーゆーめぐりあわせが起きる。
で「PLUTO」には、一見コート着たおじさんたちが、大口をカパッと開くと開くと、中から
「探査用『五木さん型ロボットの大群が』がゴッパアァッ!」
と、うじゃうじゃ出てくるんである。
やぎ2号師匠は今コレを読んで私との友情関係を深く再考察しているかもしれない。
なにしろ「窓からブンッ!と『五木さん』が!」の時にも、その瞬間師匠は畳から20センチは飛び上がってたものね。

私は、たとえば真夏のコンクリ上で、道に迷ったミミズが「アチチ!」していると、
「こんなところで死んじゃつまんないよー」
と、つまんで側の植え込みに移してやるくらいは平気なのだが、毛が生えていたり臭い匂いを出したり大きすぎたり多すぎたりする輩は苦手だわ。

今住んでいる所は、貯水池があるせいか毎年2~3度、網戸の目より小さい羽虫が大発生して天井の照明カバーの中へと突進してくる。
歩いて4~5分の母の住まいがそうだから、ウチもそうだろう。(引っ越してきてまだ夏は初体験だが)
しかーし。
退治してくれるはずのドッコイ氏が、この夏は行ったり来たり東南アジアに出張なんである。
そのあとも、間髪おかずインド方面に出張、虫さん達との戦いは私ひとりでしなければならない。
とりあえず『五木さんコロリ』は仕掛けた。
羽アリくんたちも、網戸で防ごう。
特攻羽虫くんは、あとで掃除機で吸い取り、ランプカバーを洗おう。

しかし、んー
「なんで寝室から台所にかけて、おとといから体長1ミリ弱のアリさん達の大街道になってるのかなっ!?、ウチ。」
嗚呼、豊かな自然…。

コメント

_ とんまるき ― 2012年07月07日 16:32

こんにちは。
田舎の大都会に(笑)住んでいる私です。
幼少の時より 黒光りするあいつより 赤地に黒い点々の
あの虫が異常に嫌いです…というより恐怖を覚えます。

他の虫に対しては 最近明らかに鈍感になっております。

人体にも少し悪影響があるかもしれませんが 私は非常時用に
最近 キン●ョールを購入し備えました。

しかし 赤いあの虫には向けられませんが…(笑)

ご購入 ご一考下さいませ。

_ やぎ2号 ― 2012年07月08日 06:44

三宅島の別宅で寝ていた丑三つ時、天井に大きなムカデさんが出現したことが忘れられず、今でも夢に出てきたりするのです。ミミズは平気だが毛虫はダメ、カナブンはOKだが五木さんはダメ、でも映画なんかで画面一面の昆虫、もダメだから、何が要因でダメなのかはわからないので、生理的に苦手、なのでしょうねえ。1号様のおかげで、昔よりもマシになった虫嫌いの2号でした。

_ 抜刀質店 ― 2012年07月08日 21:07

とんまるきさん

こんばんは。
「赤地に黒い点々」ですね。
しかし困ったな、南ドイツカトリック圏では「赤黒点々虫」は聖母マリア様のお使いだとか。
「お稲荷様にキツネ」みたいなモノですね。
私は皮膚が弱くて蕁麻疹体質なのですが、○ンチョール購入、検討してみます。

_ とんまるき ― 2012年07月08日 21:19

納得しました。
入園後初の聖母祭の幼稚園からの贈り物が 点々虫のブローチでした!

すっすっ好きになります!!!

_ 抜刀質店 ― 2012年07月08日 21:39

とんまるきさん

ありゃま、そんな経験をお持ちとは!
むっむっ無理はせんと!!!(笑)

_ 抜やぎ1号でござる ― 2012年07月08日 21:53

やぎ2号師匠

ありゃまあ、悪夢の原因を作ってしまってスイマセン。
敵は天井におったか、古い家とはいえ、忍者屋敷のようでござるな。
でも私、小3から21歳まで夏・冬・春、あそこで過ごしたが、昼間いっぺんフツーサイズのにしか出会っていないのですよ。
別荘で一番怖かったのは「スズメガ」
灯めがけて飛んできて、電球の笠ゆらしてバコンバコン飛んでて心底怖かったわ。
(でも映画「モスラ」は好き♪)

ps. 今年の「シソ酒」の漬かり具合はいかが?
ウチの梅シロップは上出来みたいです(ノンアルコールよ)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック