おかね2011年12月02日 23:01

おかねは借りるもんではなく、貸すもんでもない。
「借りて不仲になるよりも、いつもニコニコ現金払い」
をもじって、
「貸して不仲になるよりも、いつもニコニコ門前払い」
というジョークがあるくらいである。

昔の人はよく言ったモンで
「借りるときはえびす顔、返すときは閻魔顔」
ということわざもある。なるほど、貸してもらうときは「ああ助かった」と笑みもこぼれようが、返すとなると工面をつけてのやりくり算段、表情も渋くなろうというものだ。

もう最初から、絶対に返ってこない借金というものもある。
昔の知り合いRちゃんはオートレースの選手に入れ込んでふだんから貢いでいるようだったが、彼が公道で人身事故を起こして、よりにもよってプロのくせに保険に入っていなくて、
「今日中に500万円作れなければ彼は刑務所行き」
という状況に陥って、知り合い先輩みんなに借りまくって、風のように姿を消した。

久世光彦は「向田邦子との20年」の中で、脚本家として駆け出しでまだ収入の少なかった頃の向田邦子の事を
「天から降ってくるお金は大切に使ったが、決して地面にかがんでまでお金を拾おうとはしなかった。」
と書いている。天から降ってくるお金は「堂々の報酬」だが、地面から拾うお金は「しょせん他人のもの」である。

お金は立て替えるものでもない。
かつて私は友人のお祝い事に「4人でまとめて1本(1万)包もう」と言い出しっぺをしたのだが、あとで払ってくれたのはひとりきり、のこりののふたりからは忘れられてしまっている。
それはそれでいいと思う。その程度のことなのだろうから。払わなかった人はすっかり忘れているし、額もたいしたものではなく、この年でいい勉強をさせてもらった、という感じである。
むしろ、それまでが世間に対して不勉強だった。
「スマートに催促するタイミング」を逃してしまった、そのあとも不遇にして催促する機会がなかった、それだけのことである。
ただ、もう私は、冠婚葬祭のドッコイ氏を除いて、誰とも連名ではおかねを包まない。それだけである。

ずっと昔、まだ貧しい頃(といって今が裕福なのでもないが)いちどだけ、おかねをあげたことがある。
相手はドッコイ氏である。急な引っ越しで始まった、養母とそのパートナーあわせてふたり分の介護と、おかね目当ての親戚のゴタゴタと、その合間を縫ってする仕事と、鬱病の発症で、私は彼を置き去りにしてしまった。
やけにたばこ臭く帰りが遅いのも「連日煙草を吸う人達との会議で遅いのかな」と、おめでたく思っていたら、会社近くの金融業各社から(リストに載ったらしい)「お金すぐ貸します」のはがきがジャンジャン舞い込むようになって、やっと気付いた。
たばこ臭いのも遅いのも、ギャンブルゆえであった。
今まで絵や漫画を描いて少しずつ原稿料を貯めていた通帳を崩し、
「いい?この魔法は一度だけしか使えないからね。」
と、彼を銀行に送り出す、その背中を眺めている私の顔は、たぶん「泣いた閻魔さま」のようだったと思う。

と、いうわけで、我が家では「無いおかねは使わない」ことにしている。
今度の引っ越し先も、ローンを組まずに即金で買った。(古い分譲団地だからとても安い。)
実家から徒歩5分。老後を助けると言う名目で、母からはいくばくか「おかねをもらった」。

おかねはきれいに使うのが一番である。
なければ使わないのがよろしい。