かゆいかゆい2011年01月21日 07:55

黒髪のみだれも知らずうちふせば まづかきやりし人ぞ恋しき

黒髪が乱れるのも構わずにふせていると、なにはさておいても、この髪をやさしく掻きやってくれたあの人が恋しい。(「まず」は初めて愛してくれた男を指す。)

和泉式部だーいたーん!
だいたいこの人はモテすぎるほどモテたのだ。
あっちで寵愛こっちで寵愛。

しかし問題は和泉式部ではなく私の兄貴である。
何も知らない私をいいようにちゃかして楽しんでいた。
「いいか、昔は今みたいに簡単に風呂に入れないんだ。髪も洗えない。」
「うん」
「だからかゆくてかゆくてしょうがない髪をぽりぽり搔いてくれた相手が恋しいってことさ。」
35年間信じた私がバカでした。(笑)